トップページ  >  太陽学院の紹介  >  「失敗体験」と「成功体験」

「失敗体験」と「成功体験」

「失敗体験」と「成功体験」 子どもは、幼稚園という社会に飛び込んで初めて自分以外の「他者」に出会います。
 今まで自分を保護してくれた大人(お父さんやお母さん)とは違い、目の前に訳のわからない?!・・・自分の思い通りにならぬ手ごわい相手がいるわけです。(笑)
 衝突するのは当たり前ですよね。

 そこには、これからの人生に最も大切であり、学ぶべき要素が宝庫のように隠されているのです!
 すべてが体験です。体験から学び得たことに勝るものはありません。

「失敗体験」と「成功体験」 また、あえて、このように申し上げます。
 幼稚園は決して楽しいばかりのところではありません。
 子どもなりに、嫌なことや辛いことも体験します。(してもらわなければ困ります。)
 だから、次にやってくる楽しいことが2倍になり、嬉しいことが3倍にも膨らむのです。
 子どもは、仲間との遊び(体験)を通して、たくさんの葛藤を繰り返し、心を揺さぶられ大きく成長するのです。

 子どもはどの子も本能的に"挑む力"を備えています。ですから、私たちは、あえて、「失敗体験」をさせるよう仕向けます。
「失敗体験」と「成功体験」  失敗があるから成功がある、楽しくおもしろいから辛く苦しいこともある・・・。
 そんな思いを何度も何度も繰り返して体験させることが子どもを成長させる鍵なのです。ご理解いただけますか?
 子どもを守ってばかりいてはいけません。あえて数多くの心の冒険をさせるのです。
 友だちとの衝突、トラブルを体験してこそ、"人の痛み"を知り、感じることができる子に育つのです。
 毎日の園生活の中で、順番を守る事や物や場所を譲り合うこと、助けあうこと、協力すること、考えること、試してみること・・・お子さんが日々、様々なことを学んでいることを、想像してみてください!


 

プリンタ用画面
前
「命」に感謝いたします
カテゴリートップ
太陽学院の紹介
次
とっても簡単だけど難しいこと!