太陽学院の教育理念

principle of education

太陽学院の教育理念principle of education

慈愛と感謝
生きとし生きる者みな太陽の恵みに生かされていることを知り
常に感謝を忘れず慈愛の心をもって人を許し包容できる大きな人間性を養う

今、ここに生きている奇跡。
ご縁があって、太陽学院に集っている奇跡。
私たちはその奇跡のような今に感謝し、慈愛の心を持ってご縁を大事にします。

人間は、美しい存在です。
誰もがみな心の中に、「大切な人の幸せを願う気持ち」を持っています。
小さな子どもでも…、いえ、小さな子どもたちこそ、そのことをよく分かっているのです。

大好きなお母さんや先生のために、目をキラキラ輝かせてお手伝いをする子。
お友達に、自分が遊んでいた遊具を貸してあげる子。
泣いているお友達に、「大丈夫?」と声をかける子。

園の中には、そんな純粋無垢な子どもたちの「やさしさ」があふれています。
私たちの役割とは、このやさしさが「自分が一番大事」という殻に覆われてしまわぬよう、丁寧に、大切に、育んでいくことです。

人間は、弱い存在です。
誰しも、放っておけば「今が大事、自分が大事」になってしまうものです。
楽をしたい、遊びたい、美味しいものをおなかいっぱい食べたい…。
それでも十分に、楽しく生きていくことはできるのかもしれません。
ですが、人間として生きるならば、もっと深く大きな幸せ…いつか大切な人に、「あなたに出逢えてよかった」と言ってもらえるような人生を歩んでほしい。私たちはそう願っています。

人間は、強くなることができる存在です。
2011年の東日本大震災は、私たちに大きな悲しみと共に、人間が持つ強さ・美しさを教えてくれました。愛する誰かのため、大切な人の思いに応えるためなら、人間は勇気を持って一歩を踏み出すことができるのです。
何もそれは、大きな一歩である必要はありません。
大切な人のために、何かしてあげたいという気持ちが形になることが何より尊いのです。
私たちの仕事は、子ども一人ひとりに芽生えたその気持ちを見逃さず、認め、共に喜ぶことにあります。それにより、子どもが踏み出した一歩が成功体験になり、「やればできる!」「自分ってすごい!」という自信へとつながっていくのです。
私たちの使命は、幸せに生きるための「心」を育むこと。
仕事の成果は、はっきりと目に見えるものではないかもしれません。ですが、日々の積み重ねの中で、子どもたちが持つ「善い心」が確かに育っている様を感じることが、私たちの誇りでもあります。

全ての子どもたちの未来の幸せのために。
太陽のようにあたたかい手で、小さな子どもたちの心の中に幸せの種をたくさん育もう。
私たちは、思いを一つに、教育理念「慈愛と感謝」を掲げ、保育を行っています。

「慈愛と感謝」の太陽学院として、私たち全員が、守り実践すること

  • ■あたたかい手で保育を行います
  • ■子どもたちの未来の幸せを願い、やさしく見守り叱る愛情ある保育を実践します
  • ■子どもの成長を保護者と分かち合い、共に喜びます

慈愛と感謝taiyo gakuin movie

お問い合わせ

太陽学院へのお問い合わせ・ご意見・ご要望などは、下記メールフォームよりお問い合わせください。