認定こども園 第二太陽の子幼稚園

園の紹介

profile

園長あいさつ

greeting

こころの成長を育む

教育理念「慈愛と感謝」のもと、北海道の森をイメージした広い認定こども園で、子どもたちが先生やたくさんの友だちと関わりのびのびと遊んでいます。幼少期から体幹トレーニングに重点を置き、3歳からはマットや跳び箱、鉄棒、縄跳びなど様々な運動遊びを楽しみます。
すすんで運動にチャレンジしどんな困難にも負けない強い心、あきらめない力、仲間を思いやる優しい心を育んでいきます。園に関わる全ての方々が、いつも幸せでありますようにと心から願いを込めて「ありがとう」と「だいすき」が溢れる園づくりに努めます。

新しく明るい園舎は、1階から2階が吹き抜けになっており、太陽の日差しが明るく子どもたちを照らしてくれています。職員室は子ども達の遊び場の真ん中にあり、嬉しいときは一緒に喜び、困ったときにはいつでも先生が手を差し伸べることのできる、とても恵まれた環境です。
各保育室のテラスを抜けると広々とした園庭です。かけっこや鬼ごっこ、リレーやマラソン、砂遊び、と毎日のびのび体を動かして遊びます。遊園地のような遊具、アンパンマンワールドも、子どもたちのお気に入りの遊び場の一つです。

3歳の誕生日を迎えると特別保育が受けられます。跳び箱・マット・縄跳び・鉄棒等の運動遊び、プール保育、空手教室、スキー保育(4,5歳児)は、担任と専任の講師と一緒に、楽しく体験していきます。朝のマラソンや体幹を鍛えるコアキッズ体操は通年で取り組みます。
「体を動かすって楽しい」「練習したら出来るようになったよ」「嬉しい!もっとやってみよう」「〇〇くんがんばれー!」……この体験の積み重ねが、園生活の様々な活動の栄養となり「心」の成長に繋がっていきます。スポーツ活動に重点を置いた当園ならではの「運動会」、生き生きとした笑顔が見られる「ダンス発表会」、1年間の身体と心の成長に感動いっぱいの「チャレンジ発表会」もぜひご家族皆様でお楽しみいただきたい行事です。

お子様の日々の成長を書いて保護者様にお届けするオリジナルの「にこにこ便」と園生活の写真を綴った「にこびんふぁいる」は、園と家庭をつなぐ大事なツールです。お仕事で遅く帰ってこられるお父様、お母様も、この「にこにこ便」を囲みご家族全員でお子様の成長についての喜びや願いを共有してほしいと願っております。子どもは笑顔の両親を見て、自分が愛されていることを感じ、自分の成長が家族皆の喜びになっている実感を抱きます。
子ども達は、10年先かあるいは20年先、30年先になるかもしれません。ちょっとしたことで行き詰ったとき、やがて親になったときに、先生と親のメッセージがたくさん書かれた「にこびんふぁいる」を読み返すことでしょう。乳幼児期という人生の出発点において自分が愛され、大切にしてもらっていたことに気づき、勇気を出して大きな一歩を踏み出してほしいと思います。

職員紹介

teachers
  • 園長

  • 主幹保育教諭

  • 主幹保育教諭

  • 保育教諭

  • 保育教諭

  • 保育教諭

  • 保育教諭

  • 保育教諭

  • 保育教諭

  • 保育教諭

  • 保育教諭

  • 保育教諭

  • 保育教諭

  • 保育教諭

  • 保育教諭

  • 用務

  • 用務

  • 運転手

お問い合わせ

第二太陽の子幼稚園へのお問い合わせ・ご意見・ご要望などは、下記メールフォームよりお問い合わせください。